障害者のケアには介護ソフト~介護ソフト活用のススメ~

介護

ソフトを新しくするまで

介護ソフトを導入するまでの流れを理解しましょう。介護ソフトの導入を行う場合、そのソフトを販売している会社に依頼する事が必要です。見積りや介護ソフトの説明後、契約となります。

Read More >>

介護ソフトの活用

障害者ケアを楽にする介護ソフト

介護ソフトの役割は障害者の訪問介護や、利用した商品、レンタル器具代、交通費などをまとめて管理できるようにしたものです。障害者の方の基本情報を元に、訪問を1月に何回利用したとか、食事で不足しがちな栄養を、外部注文した飲料で補給した分など、1人の利用に対して、記録事項は多岐に渡ります。 これを介護ソフトなしで、フォーマット入力するとしたら(ある程度のひな形はありますが)入力の労力と確認作業でかなりの時間がさかれることになります。障害者の状況は、1人1人で異なる為、フォーマットへ必要事項の入力したものが、自動で計算されて報告書になる体制を作ることは、重要になると言えます。障害者一人づつの手書きの記録ノートがあり、親族が見るということと、誰が、いつ、どのようなサービスを使って、その結果どうなったかを記録計算することは別に考えるものでしょう。 介護ソフト利用することは、誰が入力しても、同じ計算結果になることと、介護ソフトを利用することで、計算作業の効率を良くすることが出来る点だと言えます。

障害者事業の介護ソフトについて

障害者総合支援法下における事業としての介護ソフトを考える上では、その目的をどこに定めるかが重要であると言えます。 主な用途として考えられるのは、記録や支援計画の作成といった現場での支援としての介護ソフトと障害者総合支援法に基づく事業請求のため介護ソフトがあります。 現場の支援や記録に関しては、その事業所ごとでの必要な内容が異なるため、介護ソフトという点では請求のためのソフトが一般的ともいえます。 障害者制度は実績を月単位で管理し、毎月10日までに電子請求で提出を行う必要があります。請求の様式は決まっているので、それにあわせたソフトも多数あり、リース契約等で利用することができます。 障害者制度は利益事業ではありませんので、コストと必要な書類が管理できるかどうかで検討を行うことが大切です。

ソフトの機能

介護ソフトの中にはあらゆる機能があり、マネジメント機能も高いものが多いです。介護ソフトには大切な個人情報を守るセキュリティ機能もあるため、より個人情報保護の面でメリットの高い活用法を行えます。

Read More >>

介護ソフト選び

介護ソフトの選び方には、最低契約機関の少ないソフトを選ぶという方法や機能によって選ぶという方法があります。ソフトの選び方を把握して、費用の負担も抑えられるように考えると良いでしょう。

Read More >>